早漏れ・早イキとは?

早漏・早イキのラインとして、「女性を満足させる前にイってしまう」「何秒も持たない」ではないでしょうか?
しかし、この早漏・早イキの要因が3つに区別することができるのはご存知でしょうか?
意外に理解している人が少ない、早漏・早イキの要因は下記のように分類されるのです。

意外に多い心因性早漏

心因性早漏は、過剰な性的興奮によってあらわれる症状ともいわれています。また、1度自分を早漏かもしれないと疑い始めてしまうと、不安やストレスとなり、その感情が交感神経を活性化してしまうことより、興奮状態に至りやすいといわれています。
このような心因性早漏は、毎回性行為時の度に症状が悪化してしまうことが多く、トラウマとなってしまうのです。
また、逆に外的に性的刺激がなくても、想像するだけでペニスが勃起してしまう人が多いのも特徴です。

日本人に多い過敏性早漏

過敏性早漏とは、その名の通りペニスやその付近にほんの少し刺激を与えただけで、すぐに射精してしまう症状をさします。
包茎の人に多くみられる症状で、亀頭が刺激に弱いことが原因とされています。包茎の人は、普段より陰茎の皮で亀頭が保護されているために、少しの刺激にもとても敏感なのです。もう一つの原因として「早抜きオナニー」があげられます。普段より早く抜いてしまっていることで、本番でも耐えられず、同じように早く射精してしまうのです。

衰弱性早漏

加齢などで射精閉鎖筋の衰えより症状があらわれます。この筋肉は射精を我慢するときに働く筋肉で、加齢によって衰えていきます。
垂れるような射精で、40歳もしくは50歳の中年期に入ってあらわれてきます。
学者やエンジニアなど、頭脳を常に働かせている職業の人も、この衰弱製早漏になりやすいといわれています。