早漏改善の裏ワザ

嫌だけど役に立つコンドーム

本来男性が「つけなくていいならつけたくないコンドーム」。
最近では様々なタイプのコンドームが発売されていて、中でも亀頭部分が分厚くなっているものも存在します。
分厚めのコンドームを使用することで、外的刺激を感じにくくなり、早漏の予防策ともなります。

寸止めオナニー

射精直前にオナニーを、止めてしまうのを繰り返すトレーニング法です。聞いた感じなんだか嫌な感じはしますが、これを繰り返すことによってペニスが刺激に慣れていき、改善へと導きます。
オナニーを素手でする男性は多いかと思われますが、できればローションや石鹸などを利用し、ペニスを傷つけないようにしましょう。また、石鹸やローションを使うことで、感度慣れさせることもできます。

セロトニン摂取

睡眠時にあらわれる「幸せホルモン」と呼ばれている、セロトニンには心を落ち着かせる効果があります。過剰摂取は禁物ですが、つい興奮しずぎてしまう男性には向いている方法といえます。

経験を積む

セックスの経験を積んでいくことで、射精のコントロールが難しくなくなってきます。
また、経験を積むことで、先に女性を満足させてあげる事ができるようになったり、先に射精してしまった場合、継続してフォローする方法も覚えてきます。

筋肉を鍛えて持ちこたえる

射精をコントロールする筋肉を鍛える事で、早漏を防止します。家でも外出先でも簡単に行える、肛門をギュッと閉めたり緩めたりするだけの運動法です。

バレてはいけないけど、他のことを考える

ついつい興奮してしまうなら、絶対にセックスの対象にならない相手を思い出しましょう。
こうすることで大抵は、少しは先延ばしにできるものです。
パートナーには失礼な方法ですが、急を要した場合に役立ちます。

治療薬を服用する

一番手取り早い方法です。
早漏防止治療薬もありますが、勃起不全の改善成分が一緒に配合されているものも販売されています。2つの成分が一緒に配合されていることによって、勃起力を高めながら早漏を防止する事が可能となります。